永久脱毛 埋もれ毛

MENU

永久脱毛の施術で埋もれ毛は脱毛できます。

ムダ毛の脱毛方法として、多くの人がカミソリや毛抜きを使った自己処理をしています。この方法は、コストもかからず手軽にできるということが、メリットなのですが、カミソリや毛抜きの場合には、皮膚の中で埋もれ毛の状態になる「埋没毛」になってしまう肌トラブルが起きてしまいます。
「埋没毛」は、毛を抜く、剃るといったこと自体が原因ではなく、それらの行為によって皮膚そのものにダメージを与えていることが原因です。ムダ毛を処理した後、皮膚や毛穴が傷ついてしまうと、かさぶたができて毛が出てこれないからです。毛を抜いたり、剃ったりする行為は、皮膚にとってはケガをした時と同じような状態なのです。埋没毛を取り出すには、肌を傷つけないと出てこないため、自分で行うことはNGとなります。
埋没毛は、皮膚の内側に毛が埋まってしまい、表面に出てこれない状態なので、肌に黒いボツボツがあるように見えてしまいます。脱毛エステで受けられるフラッシュ脱毛は、永久脱毛と同等、あるいはそれに近い効果が得られる脱毛方法です。フラッシュ脱毛は、黒い色に反応する光を使う脱毛方法となるため、埋没毛を脱毛することも可能となります。ただし、埋もれ毛のまま脱毛するため、すぐに抜け落ちるわけではありません。時間が経つと、自然に表面に出てきて、抜け落ちます。
医療機関で受けられるレーザー脱毛の場合にも、黒い色に反応するという性質から、レーザーを照射することによって、埋没毛を取り除くことができます。照射自体で、埋没毛を解消することができますし、自己処理が必要なくなりますので、埋もれ毛にならず自然と出てくるようになります。ゆえに、レーザー脱毛の施術によって、埋没毛はきれいになくなるというわけです。
フラッシュ脱毛にしても、レーザー脱毛にしても、施術に通いながら毎日しっかりと保湿を行うようにしましょう。保湿をすることにより、さらに効果は高まり、早めに埋没毛をなくすことができるからです。
脱毛によって埋没毛ができる原因は、アフターケア不足もあります。保湿を十分に行うことで、脱毛で傷ついた毛穴や毛穴の周辺の肌を修復させ、埋没毛を防ぐことができます。自己処理による脱毛の場合にも、きちんと保湿を行い、アフターケアを心がけるようにしましょう。特にワキなどの毛が太い部位の場合には、埋もれ毛による炎症が目立ちますので、注意しましょう。脱毛による肌トラブルは、乾燥が原因となることが多いので、保湿は不可欠です。